南薫校区

健康ダーツと学生のコラボ R4.6.13

市老連事務局より、聖マリア学院看護学科学生とのコラボ協力の依頼があり、当校区老連の健康ダーツに参加してもらいました。
 看護学科の学生6名と健康ダーツを和気あいあいの中で行いました。
学生さんにとっては、ダーツがなかなか盤面に刺さらなくて、簡単そうで難しいニュースポーツの体験だったと思います。終わった後は色んなお話をしましたが、孫との会話みたいな感じで、学生さんからも故郷のおじいちゃんやおばあちゃんと話してるような気持になったと言っていただきました。
そのような声掛けに会員さんも喜んでありました。
若い人との交流はとても刺激になりますが、まだまだ気持ちは同年代よと、言っている会員さんもいらっしゃいました。
この取り組みにご協力いただいた稲益自治会長様をはじめ関係者の皆様、ありがとうございました。

緑化活動の貢献者として表彰されました R3.8.2

「第40回くるめ緑の祭典 緑の貢献者表彰式」が8/2に久留米シティプラザであり、南薫校区の東櫛原中部還年クラブが表彰されました。
東櫛原中部還年クラブは15年以上に亘って櫛原天満宮宇の清掃、剪定、消毒、花植え活動などを実施しています。
昨年度は、西鉄東町老人クラブが表彰されました。
表彰式については久留米市ホームぺージでも紹介されています。
お問い合わせ
Pagetop